1. 生き方
 

ブログ

2014/05/20
生き方

スカイプ使ってますか〜?

神楽祝会(かみたのかい)のメンバーさんには、

スカイプを導入してもらうことにしています。

ほぼ強制的にです(笑)

スカイプはIDさえわかったら、どこからでもログインできます。

スカイプはパソコン回線を利用した、無料通話テレビ電話みたいな感じのものです。

カメラがあるので顔を見ながらお話できます。

これがあると、いつでもどこでも地球の裏からでも、お仕事ができてしまいます。

業種や工夫によっては、今までは地域の人しか顧客になり得なかったことが、

全国どころか、全世界がシェアとして、お客さんになりうる時代になっていきます。

スカイプはテレビ電話のようなことができるのはもちろんですが、

話ながらチャットもできるし、データも送信できるので、

離れていながらにして、お仕事が完結してしまえる。

実際に私はそうやって仕事をすでにすすめていますが、

めっちゃ便利だと感じています。

いちいち電車に乗って何時間も使って、現場にいななくてもいいから、

時間の短縮と労力の短縮になるんです。

実際やってみてわかるんですが、

いちいち会わなくてできる仕事っていっぱいあります。

そうやっていくと、短い時間でたくさんのことをできるので、

収益を上げるスピードが早くなるんです。

何かを習得するにしても同じで、さっきまで掃除機かけていたけど、

時間がきたらスカイプログインして、勉強をスタートする・・・・

また終わったらすぐ洗濯してお料理して・・・と、

短い時間で用事を済ませたうえに、知識の習得までできる。

現場まで行って帰ってしていたら、往復2時間だと考えてみてください。

2時間あったら掃除と洗濯と料理の下ごしらえくらい終わりますよね。

そしたらその浮いた2時間で何できます?

と、使ってる人はこの利便性を享受していますが、

まだまだ知らずに、面倒なことに時間をかけて

時間がない時間がないと言っている人が多いんです。

時代の流れるスピードは、今後も益々加速しますから、

時間を短縮する方法を取り入れていかないと、

今後もどんどん時間がなくなる可能性が高いです。

で、でね、最近、とくに感じるのが、

自分らしく働く人が増えてるんです。

お仕事を2個3個持っていて、

「本業はこれですが、こっちは好きでしている仕事です」

とお名刺を2枚渡されたりすることも以前に比べて増えている感じがします。

これからは運命学的にも、個人の時代に突入すると何度かいっていますが、

自分の魂がよろこぶ仕事を副業でしたりする人が増えると思います。

そうなったときに、本業があったら時間がないじゃないですか?

副業は、こういったスカイプやクラウドを使って、

短縮することでできるようになっていくわけです。

そういう人が増えると、それが当たり前になりますから、

今より自由に場所も選ばず仕事するスタイルがもっと増えていくと思われます。

そうなったときにですね、二極化が起きるんです。

というか、実はすでに起きてます。

情報から隔離されている人たちと、情報がいち早く届く人たちに分かれるんですね。

テレビは情報操作されているということを、知ってる人は知っていますが、

知らずにテレビの情報で動いている人も今もいます。

ここにまた大きな差が生じて行くと思うんですよ。

フェイスブック1つとっても、やっていない人には届いていない情報がたくさんあります。

ああいった道具は情報伝達がものすごく早いので、知らないと知ってるの差が大きいんです。

早いがための弊害ももちろんありますが(デマも広がる可能性がある)

情報がない、ことよりはまだマシのように感じています。

情報が多すぎる中から、何が正しいかを選ぶ感覚を磨いていかないといけません。

これからは人に頼らず、自分で情報の取捨選択できる「直感」が必要になると思われます。

私が神楽会(かみたのかい)を開催している趣旨の一つが実はこれなのですが、

何が正しいのか?って実は、みんな自分の魂はわかっているんです。

でも、頭とか知識で考えすぎたりするから、さまよっているのが現代人です。

神様や守護霊さんとつながる感覚を養っていくと、

瞬間的に何が正しいか?自然とわかってくるようになります。

だから、何か大きなことが起きても、人をあてにせず

自分の直感で動くことができるようになります。

そいういうときのことも含め、直感を養うという意味でも、

神楽会(かみたのかい)で神社にいったり、美味しいものを食べたりしています。

直感とはなんぞや?というと、すなわち「感じる感覚」のことだと思っています。

感じる自分を自覚することが、直感力を養うことだと思います。

だから、神社に参って神様の雰囲気を「感じる」

あの神社とこの神社の雰囲気の違いわかる?

と会話しながら、「感じる」訓練をしています。

訓練というのは別に言ってませんが、そういう意味も含まれています。

おいしいもの、ほんものを食べると、そこで感性が何かを「感じ」ます。

その「感じた」という感覚を自覚してもらえるように、その機会をもうけていたりします。

なにせ、何が起きようとも、自分の直感が一番正しいです。

なぜって直感は、神様や守護霊様からもたらされるものだからです。

だから、感性を養う意味でも、守護霊さんの祈りを毎日やっていきましょうね、とお伝えしているわけです。

いざというとき、その感覚が、必ず自分を助けてくれるからです。

生き残ってくには、知識も必要ですが、直感がない知識はあまり意味がないと思っています。

知識は直感とリンクしてはじめて、活かされると思うので、

やはり直感を磨くことは大事だと思うわけです。

で、スカイプの導入を強制したのは、時代に取り残されないためです。

時代に取り残されるとはどういうことかというと、

情報が遮断される(知らず知らずに)ということだと思います。

フェイスブックを取り入れている人にとっては、常識と思っている情報が、

取り入れていない人にとっては、聞いたことのない情報であるということはすでに今でも起きています。

生きていく上で正しい選択をするためには、選択肢がある程度ないと難しいです。

多すぎて混乱する面は、直感で判定すればいいだけのことで、

少なすぎた場合、判断もなにも、もしかしたらその知ってる情報の中には、

正しい情報がない、ということも起きてくるかもしれません。

念のためいいますが、フェイスブックが良いからやりましょう、という話ではないですよ。

もののたとえでいってるだけで、新しいものを拒否するということは、

これすなわち言葉にして表現したら、それは老化だと思うんです。

年を取ったらみんな、だいたい新しいことをやろうとしません。

年をとっても新しいことをやっていると、とても珍しくて、

「お元気ですね」なんて、褒められるくらいだから、

年を取るということは、保守的になり新しいことを選ばないということなのだと思います。

体の年齢が年をとるのは仕方ありませんが、脳や心が年をとるのは防げます。

これからは時代とは「情報」だろうと思っています。

その情報が正しく届くために、届く方法を週間化しておくことが大事だと思います。

何か起きてから、あわてて取り入れても、

メカがどんどん進んでいるので、ついていけなくなってしまいます。

スカイプを導入するという行為は、一見、ただの機械を使えるようになった、

という現象にみえますが、実は違うと思っています。

スカイプを取り入れたということは、

新しい情報を日常生活に取り入れる術を、身につけたということだと思うのです。

時代のサバイバルに勝つための、上等なアイテムを手に入れた、ということだと思います。

機械は使い方次第で、どのようにも使えますから、

それがやがては、自分がどこにいても仕事できる身軽な人生につながっているかもしれませんし、

世界の誰かとビジネスをする機会を手に入れているかもしれませんし、

短い時間で何かを習得して、新しい収入口を手に入れる方法になっているかもしれないんです。

そういう未来を創っていける人たちと、そんな情報すら知らず、

従来どうり足と時間を使って、時間がない時間がないと言っている人生・・・・・

そんな二極化になろうとしているいま、

ご縁ある方々には、これからの新しい働き方の窓口を、

開設する機会をもってもらいたいと思った次第です。

時代は刻一刻と変わろうとしています。

それを察知して、自分をカスタマイズしていくことも大事だと思います。


<残りあと3名で締切です!>開運サークル・ご入会キャンペーン
http://www.rikopin.com/contents_340.html

気軽に参加できる開運セミナー情報〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

9/18(木)邪気祓いワークショップ(矢加部先生ゲスト)
http://www.rikopin.com/contents_278.html

10/4(土)神楽会(かみたのかい)東経135度大開運ツアーin淡路島(会員限定)

10/19(日)【会員限定】安心サポートサービス(無料)
http://www.rikopin.com/contents_364.html

11/2(日)神楽祝会(かみたのかい)
癒しの森開運ツアー〜ほんまもんのパワースポットへお連れします〜
http://rikopin.com/contents_369.html

12/7(日)大祓え&ライブ(場所等は後日アップします)
~~~~~~~~~~~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あなた様が今後も弥栄でありますように。。。。。



生き方


これからどんな風に時代が移り変わっていくかを書いてみたいと思います。

そのまえに1つ、クラウドとう言葉や、その言葉の意味はご存知でしょうか?

私も本当はパソコンは苦手ですし、メカも大キライです。

ただ、仕事で使うので仕方なく勉強している程度です。

で、このクラウドって、どうだろ。

たぶん、知ってる人と、知らないけど知らず知らず使ってる人と、

まったく意味分かんね、な人とに分かれると思います。

フェイスブックもクラウドとう形式だと思うのですが、

フェイスブックのデータがどこにあるか?という話なんです。

携帯同士でもメールってできますよね。

AさんがBさんの携帯へ直接メールをするというのが、従来のメールでした。

でも、例えばフェイスブックでメールをするという行為は、実はこれとは違うんです。

Aさんは、いったんフェイスブックに入って、フェイスブックを経由して、

Bさんのフェイスブックの箱にメールが入るという流れです。

イメージ的には、雲が頭の上にあって、その雲の中がデータ貯蓄箱なんです。

AさんもBさんも直接やりとりはしていなくて、この雲の中にお互い入っていって、

データを見たり出したり入れたりしているという仕組みです。

こういうのをクラウドっていうんだと思うのですが(専門じゃないので違ってたらごめん)

いまって、わかって使ってる人は、データをみんなクラウド化しています。

私も、相談者様のデータはクラウドで管理しています。

これをしておかないとどんなことが起こるかというと、

例えば大きな地震がきたとして、携帯電話やパソコンが流されて水没したとして。

自分のパソコンデータに情報をいれていたとしたら?

一気に消滅です。誰とも連絡を取ることがもうできません。

水没なんてしようものなら、二度と復旧できないであろうと思います。

ということは、もう相談者様と連絡を取ることはできませんから、

メルマガも送れないので、また0からのスタートです。

いちからコツコツデータを集めていくわけですけど、

長年のデータが0になると考えると、気が遠くなります。

携帯も同じですね。携帯の電話帳は一気に消滅。

誰とも連絡を取れません。

ですが、クラウドしていたとしたら?

携帯が水没しても、パソコンが水没しても関係ないんです。

新しいパソコンや、インターネットカフェ、ほかの人のパソコンを借りて、

貯蓄箱(雲のように浮いている)に入っていけば、そこに今までどうり保管されているから、

地震の前と何ら変わりなく、連絡を取ることもできるし、

データもありますから、元どうりいつもどうりお仕事できるということなんです。

万が一何かの事情で、遠方に行かないといけなくなったとしても、

そこから雲の中に入れば、通常どうり作業できますから、

仕事をする場所を選ばなくなります。

急な災害で携帯が壊れたって、電気が復旧さえすれば、

クラウドに入って、すぐに無事を確認することができるので安心です。

簡単にいうとそんな差があるわけです。

いま、そういう仕組みが主流になっていますが、

未だに知らない人も多いですし、知らずに使っている人も多いです。

つまり、今後はこういう仕組みが普通になっていくわけですが、

そうなるとどうなるか?なんです。

長くなるので続きは後日書きますね。


<残りあと3名で締切です!>開運サークル・ご入会キャンペーン
http://rikopin.com/contents_340.html

気軽に参加できる開運セミナー情報〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

9/18(木)邪気祓いワークショップ(矢加部先生ゲスト)
http://rikopin.com/contents_278.html

10/4(土)神楽会(かみたのかい)東経135度大開運ツアーin淡路島(会員限定)

10/19(日)【会員限定】安心サポートサービス(無料)
http://rikopin.com/contents_364.html

11/2(日)神楽祝会(かみたのかい)
癒しの森開運ツアー〜ほんまもんのパワースポットへお連れします〜
http://rikopin.com/contents_369.html

12/7(日)大祓え&ライブ(場所等は後日アップします)
~~~~~~~~~~~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あなた様が今後も弥栄でありますように。。。。。


生き方

最近お気に入りのイラスト「白い人」↓

最近は

「私にはどんな才能がありますか?」

「どんな仕事が適職ですか?」

というご相談がものすごく増えました。

交流会で名刺交換しても、本業以外に仕事をもつ方も増えています。

みなさん、運気をなんとなく察知しているんでしょうね。

運命学的には、あと9年ほどで「個人」の時代が来るのですが、

その流れは今から起きているので、早い人はキャッチしているみたいです。

これからの時代は、嫌な仕事をお金のためだけにやる時代が終わります。

お金のための仕事をやりながらも、好きなことももう一つするという人、

お金のための仕事から、魂が喜ぶ仕事に意向していく人、

がどんどん増えていくでしょう。

大きい会社にお勤めの方でも、会社に信頼があるから仕事が来るということではなく、

その会社の○○さんが信頼できるから、○○さんに仕事を依頼する、

という流れになっていくと思われます。

だから、その○○さんがどこかに転職すると、

お客さんも○○さんについていく、ということが起きてくるようになります。

こうなると会社勤めしていても、自営業みたいな感じですね。

だから、いまから、自分の能力をよく見極めて、力をつけていくことが大事ではないかと思うんです。

占い師を目指している方からの、問い合わせも増えていますね。

いろんな素晴らしい仕事がありますが、選ぶにはコツが必要です。

好きなだけでは食べていけませんし、好きなだけでは稼げません。

なにが向いているかの次に大事なのは、どんな仕事を選ぶか?ですね。

どんなに時代が変化しても、なにが変わっても、必ずやっていける3つの分野があります。

その3つのジャンルに関わっていれば一生稼げる分野です。

そういったアドバイスもさせていただいております。

占いで才能や向き不向きを見て、

それらが、やっていけるジャンルかどうかもお伝えできますよ。


婚活部はじまりました!
◆<先着8名様限定!>開運サークル・ご入会キャンペーン
http://www.rikopin.com/contents_340.html

気軽に参加できる開運セミナー情報〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

9/7(日)【会員限定】安心サポートサービス(無料)
http://www.rikopin.com/contents_217.html

9/18(木)邪気祓いワークショップ(矢加部先生ゲスト)
http://www.rikopin.com/contents_278.html

10/4(土)神楽会(かみたのかい)東経135度大開運ツアーin淡路島(会員限定)

10/19(日)【会員限定】安心サポートサービス(無料)
http://www.rikopin.com/contents_364.html

11/2(日)神楽祝会(かみたのかい)
癒しの森開運ツアー〜ほんまもんのパワースポットへお連れします〜


生き方


早朝の魔法の質問会に参加しています。

ふだん忙しくて、改めて周囲の人に支えてもらってること、

助けられていることに、目を向けることってむつかしいです。

みんなそうでないですか?

魔法の質問は、そんな流されがちな日常に、

ふっと自分を振り返る時間をプレゼントしてくれます。

質問に答えていくうちに、小さいころのことも思い出しました。

肉親でもないのに、私を可愛がってくれた

近所のおばあちゃんのこと、

隣に住んでいたおじちゃんが思い出されたり、

お二人とも、実はもう亡くなってしまわれているのですが、

こんな振り返る時間がないと、思い出せない出来事でした。

最近、友人にたいして、すごく言いにくいことを

思い切って言ってみたことも思い出しました。

そしたら、涙は出るわ鼻水はでるわ・・・

もう朝から大変でした。ヽ(;▽;)ノ

こんなこと言ってもいいのかな?

こんなん言ったらどう言うやろう・・・

きっとこんなクレームみたいなこと、

聞きたくないだろうな・・・・

あれこれ考えて、ずっと言えなかったことを

思い切って直接言ってみたんです。

結果、「言いにくいことを言ってくれて、ほんまにありがとう」

といってくれて、

最後はお互い、涙ながらにハグをしたという出来事がありました。

そのとき私も、彼女とご縁がもてて、

友達でいられたことを、

本当に良かったって思ったんです。

私のいう耳障りなこと、耳の痛くなるようなことを、

ちゃんと受け止めてくれて、

ありがとうって言ってくれたことは、

本当に本当に心から感謝だなって。。。。。。

伝えた結果、関係が悪くなることも多かった過去を思うと、

こうして受け止めてくれた、その友人と出会えたことは、

かけがえのないことだったなって思いました。

言おうか言わまいか、悩んでいたときは、

言わずに去っていく(距離をおく)ことも本気で考えました。

そのほうが傷もつかないし、リスクも最小限だと「利」の面を考えたからです。

でも、思い切って勇気を出して伝えて良かったって。

伝えたことで、以前よりも信頼関係ができて、

心が通じ合ったと実感できたんです。

人とのことって大人になると、

リスクを恐れてうやむやにしたりしがちだけど、

こうして思い切って言ってみることで、

以前より良い関係になることもたくさんあるんじゃないかな?

友達とか親友って、このようにして、

心をいったん裸にして関わっていくことで作られていく、

積み上げられていくものかもしれないなーって思いました。

こういうことって、もしかしたら子供の頃はできていたのに、

大人になってできなくなってることかもしれません。

鑑定の相談でも、親友がいないんです。

心を打ち明けられる友人がいないんです、

というご相談はとても多いです。

もしかしたら、この私の出来事が、

ヒントになるかもしれないと思って書いてみました。

リスクを恐れるばかりに、本当は親友になれる、

打ち明けられる友人がそばにいるのに、

あと一歩勇気を出せば、近づけるかもしれないのに、

それが怖くて、親友がいないって思っているだけかもしれません。

実は隣に、実は近くに、親友になり得る人、

打ち明けられる友人になれる人が

いるのかもしれないですよ(^^)

生き方




許せない!って思う相手っていますよね。

誰にでも実は、一人くらいはいるんじゃないかな。

また、あの人は自分を許してないなー(許してくれていないな)

と思う相手もいますよね。

誰かを許さない!を、

ずーーーーーと続けていったら、最後どうなるかな?って、

ちょっとシュミレーションしてみたんです。

こんな時は、究極の状態を想像するのが、一番真実が見えてきます。


自分が亡くなるときを想像してみるんです。

私の場合、決して健康ではないので、

その想像は実はかなりリアルです。

明日のことのように想像できるんですね。

たぶん普通の人は、いつか来るんだろうなそんな日も・・・

程度の想像なんじゃないかな?

私も昔はそうでした。自分が亡くなるなんて、

ずっと先って思って、想像しても、どこか絵空事でしたねぇ。

ま、そういうことでリアルに想像できる私が、想像した話を書いてみます。

許されていない側の場合・・・・

たぶん許されていなかったことは、最期の時に思い出さないと思います。

自分の命がもうないってときに思い出すことはね、

きっとね「相手がどうだった」ってことではないんですよ。

相手がしたことや、相手が言った事は、たぶん思い出さないです。

最後の時、自分の中に浮かび上がってくる思い。

それはきっとね、「自分がどうであったか」だけなんですよ。

もう終わり。もう最後ってとき、思い出す他人のことなんてたぶん、

本当に親しい仲間くらいなんじゃないでしょうか。

もう会わなくなった、許してくれていない人のことには、気がまわらないと思います。

結局最後に、たぶん、誰もが、どうやっても考えてしまうこと。

それは「自分がいかに生きたか?」それだけなんだろうなと。

だから、思い出すとしたら、自分が許していなかったこと

相手のことというよりも、誰かを許せなかった、

その自分のことを考えてしまうと思います。

許せなかったその、自分の思いというか、心のかたくなさというのでしょうか。

そういうのが、あぁ・・・・なんで許せなかったのだろう・・・・・

と、ズーンと心に来るのだろうなと。

その自分の心の狭さ小ささとか、

生きる上でもっと大事なことがあったのに、

感情的に生きてしまったことに、

もしかしたら後悔するかもしれません。

だから、許せない!を長く続けない方がいいんですよね。

相手を許すか許さないかってね、

別に相手に伝わってなくてもいいんだと思います。

もうとうの昔に会わなくなった相手であっても、

自分の中で許せていたら、それでいいんだろうと思うのです。

結局、人と人は磨きあいをしているわけで、

相手は自分の心を映す鏡の役割だったり、

あるいは、自分を鍛えるための相手役だったり、

はたまた、自分でも気づかない自分を、

発見するための役割だったりするというか。

最後の最後に自分の中で、深く深く考えてしまうのは、

他人のことじゃなく、自分のあり方なのであれば、

他人を通じて自分がどう生きるか?

が、今現在も、本当は一番大事なことなんですよね。

今はね、まだまだ当分生きてるわって思えるから、

あいつ許せない!と元気で思えるけれど、

本当に最後には、誰かを許せなかったことは、

後悔に変わっていくんじゃないのかな。

相手は関係なくてね。

自分が人を長い間、許せなく生きてしまったことを、悔やむのかもしれません。

人を許さなければなりません!なんて、

そんな説教する気は、サラサラないですが、

自分の人生のために、ある程度の期間過ぎたら、

許す方がたぶん、人生が良いものになるんだと思います。

そしてもう一つ。

ずっと長いあいだ許さなかった相手が亡くなったら?

のパターンもあるんです。

このとき心にズシーッと重いものがのしかかるのは、残された人なんですね。

どんな憎い相手でも、亡くなったらそういうものです。

人の死というのは、そういうものなんですね。

許されなくて旅立った側は、やっぱり苦しくないんです。

やっぱり、許していない側の心に重い重い気持ちが残ります。

もうその人と会えないということは、それだけの重みのあることです。

相手も自分も元気だからね「あいつ許せない!」って思える。

その思いが大きいときは「あんなやつ死ねばいい!」とすら思える。

でも、本当に亡くなったら思えませんねきっと。

ってなわけで。

許すことがなぜ大事か?

って、そういうことなんじゃないでしょうか。

どうしても許せない、怒り悲しみを抱えている方は、

ぜひリミットブレイク(R)を体験してみてください。

その思い、持ち続けることは辛いですよね。

リミットブレイク(R)なら、たった5分でその思いから卒業できます。

リミットブレイク(R)の詳細はこちら⇒★★★