1. 開運について
 

ブログ

2014/05/20
開運について
たった1つ、運が良くなるゼッタイ条件の性格ってあるんです。

何やと思います?どんなほかの面が良かっても、

この1つがあかんと、台無しという1つの性格。

ずばり。

「素直である」ことです。

これにつきます。

逆にこれさえできてたら、他はダメでもなんとかなります。

なぜって、素直な人のことは、周りの人が助けてくれるからです。

20歳くらいからずっと、成功者の追っかけをしていたのですが(ほとんど趣味でした)

セミナーとかトークショーとか、どこでもついてまわって、

最後の飲み会とか懇親会も必ず参加するんです。

するとたいていは「何か質問したいことありますか?」という展開になります。

で、いつも聞いていたんです。

「どんな人が成功しますか?」と。

成功者が口を揃えていうことは、

「素直な人は成功する」だったんです。

一人の漏れなく、みんなこれをいいます。

運が良い人と成功する人は、ほぼイコールです。

素直って若い頃はわりとできてるんですよ。

なぜってものを知らないから、教わる立場として自然と素直なんです。

でも、年を取ると経験が増えるので、「私はわかってる」とどこかで思いがちです。

すると、人がアドバイスしてくれたことにたいして、

無意識に自分の経験値に照らし合わせ、

「え?そうかなぁ・・・?」とかって

自分の知ってる知識で判定して、聞けなくなってしまうんです。

これは年を取る弊害だと思います。

だから、年を取れば取るほど、

素直でいることは意識しないとできなくなるんです。

これは女性の平均値ですが・・・・

だいたい10代から24歳くらいまでは素直です。

若くてキラキラして、未来に夢と希望が溢れてる年代です。

そして25歳くらいから30歳くらいまでの間に、

人生の挫折とか現実を知ることになります(´Д`;)

この年齢あたりからだんだん、屈折したり素直じゃなくなりだします。

で、もう30歳すぎたら、素直な人のほうが割合的に少なくなります。

でも、30歳から40歳までに、

素直じゃない自分を治そうとしたら、比較的治りが早いんです。

しかし40歳を超え、50代になると、これがなかなか、

思考がもう固まって、気づいても変えることが非常に難しい年代だと言えると思います。
(もちろん個人差はありますが)

だから50代はなかなか手ごわいです。

この年代の方は、とっても頑固です。

その年代に比較的多い特徴として、

人の話を聞けないという性質も加わってしまうので、なおさら難しいと感じます。

いろいろ苦労の積み重ねが多すぎて、

人の話を聴くより、私の話聞いて欲しい、という感じが強いんですね。

長く人生生きているので、どうしても苦労の積み上げも年季が入ってるから、

仕方がないのかもしれないです。

自分のことだけじゃなく、子供のこと親の介護や最期のことなど、

重なった苦労が多いから、いろんな意味で余裕が持てないのかもしれません。

だけど、気づいて変えるのは早いに越したことはありません。

ちょっと気をつけるだけでも、だいぶマシだと思います。

お互い気をつけていきましょうね☆





開運について

知人から聞いた話ですが、モニターを募集して、感想をお願いしますとやったんですね。

ほとんどの方はきちんとその趣旨を理解され、しっかり丁寧に感想を書いてくださったそうです。

しかし、お一人だけ、感想がたったの3行だったそうです。

こいういうことはしないほうがいいですね。。。。。

ラーメンをタダでご馳走になったかわりに「皿洗いします!」と宣言したけど、

お皿1枚だけ洗って「じゃ!お疲れさん!」といって帰っていった・・・・

みたいなことと同じだからです。。。。。

もしあなたが店主だったとしたら?「おい〜〜っ!!(゚Д゚)ノ」ってなると思います。

こういうことをすると、やっぱり徳がなくなっちゃうんですね。

なぜって、私がその話を知っているように、

そんな悲しいことをされた人は、まず人に言ってしまいます。

こないだこういうことがあってね・・・・悲しかったんだよね。。。。

え?それってどなたなの? うん、○○さんなんだよね・・・・

へーそうなんだ。○○さんってそんなことするんだ・・・・

ちょっとその方の信用が落ちてしまいますね。(´・_・`)

そのあとの展開は、何を想像しても、あまり良い展開が想像できません。

徳を失うっていうのは、そんな感じのことです。

ものごとには必ず理由があって、

タダにはタダである「理由」があるはずなんです

モニターを募集する人は、ボランティアがしたいわけじゃないんです。

モニターとして体験して頂いて、感想が欲しいんですね。

感想は、まだ受けていない人の参考になるものだからです。

でも、正規の代金を払っている方に、感想くださいというのは、ちょっと言えないものです。

だから、モニターさんを募集して、感想を頂くというそんな目的があるわけです。

そんな事情とか理屈を想定していくと、これがなぜ無料なのか、

なんのための無料なのか?を考えると、

やたらめったら無料に応募しようとは思わなくなります。

私も友人や知り合いが無料でなにかされることがあります。

受けてみたいなーと思うこともありますが、

そのときは、必ずお土産を持って行きます。

自分が食べて美味しかったお気に入りとかを持っていきます。

無料でやってもらうことにたいする気持ちですね。

このようにルール上無料で受ける必要がある場合は、

物(お土産)を持っていくのもアリだと思います。

無料と伝えると、ほとんどの人は手ぶらで行かれますので、

お土産をもって行くと、とても喜ばれるんですね。

無料ですといっても、働くことはしんどいことですから、

その大変さを労ってもらえたような気持ちで嬉しいんだと思います。

そうやって相手と良好な関係を築いて行けば、

きっとその方とのその後の関係も、とても良いものになると思います。

だからやっぱりタダじゃなく、何かしてもらったらお返しする、

それが一番運を引き寄せると思うわけです(^-^)


運を引き寄せるには、産土様にまいられるのもアリです→★★★


開運について
成功者の人や今、お金持ちの人は、無料のものには手を出さないと言われています。

なぜなら、それがお得ではないということや、実はマイナスであるということを知っているからです。

理屈として知っている人もいれば、感覚的にわかってそうしていない人もいます。

なぜ無料がお得でなくてマイナスなのか?

無料でなにかサービスをしてもらう、あるいはものを頂くとどうなるかというと、

無料でしてあげた方や、差し上げた側の人は、

「徳」が備わります。徳とは、天から与えられた目に見えない助けのようなものです。

その徳の貯金が増えていくとどうなるかというと、

本当に困ったときとか、ピンチの時に必ずすっと手助けが入るとか、

あるいは、それほど必死になにかしているわけじゃないのに、

誰かがひゅっと引き上げてくれて、とても良い立場に立たせてもらったり、

人から引き立ててもらえて、応援や援助をしてもらえるということが発生していきます。

徳はお金のように目には見えないものですが、お金に匹敵する効果を発揮するものです。

引き立ててもらったりすることは、ひいてはお金につながっていきますもんね。

だから結局、徳があるということは、お金とリンクしているわけです。

タダのものをもらう、タダでなにかしてもらう・・・・

つまり何かを無料でしてもらうということは、現金での支払いはありませんが、

目に見えない(エネルギー上の)通貨である「徳」という代金で支払って(というか強制的に支払わされて)

いるわけです。この世の法則は、何かを得たら何かを出さないといけないんです。

だから、なにかしてもらったのに現金を出さない場合、

(かわりに)徳で支払うということが、法則上強制的に行われるわけです。

これは目には見えませんが、痛い出費ですよ。

だって困ったとき徳がないと、助けが入りませんし、

運良く誰かに引き上げてもらえることや、応援や援助がもらえないんですもん。。。(´;ω;`)

じゃ、どうしたら徳も増えて、お金も増えるか?ってことを書きますね。

これも法則を利用してください。

タダ(無料)のものを欲しいという心は、欲しい欲しいの奪うエネルギーですから、

だから結局自分のもの(徳)を失うわけです。

だったら逆をやればいいんですね。

見返りを求めず、何かを与えることをいっぱいやってみてください。

必ず、その行いに見合うものが自分のところに戻ってきます。

それは、直接現金じゃないかもしれません。

でも、必ず現金以上の素晴らしいものが戻ってきます。

法則はゼッタイだから、これはもうゼッタイです。

私は自営業をしているので、

法則って必ず適応されるのだなーと感じることが多いので、

最近あったエピソードを書きますね。

つい先日もこのようなことがありました。

お仕事で知り合った方がいて、仕事の打ち合わせをしました。

私のやっている仕事をより正しく伝えたくて、

その方と一緒におられたスタッフの方を、リミットブレイク(R)したんです。

打ち合わせでしたし、私から申し出たことですので、

鑑定料金はもらう気はサラサラなく、説明のためにやっただけなんです。

実際やってみたら、効果があって、お二人共怖いものがなくなったんです。

あ〜よかった、ちゃんと私がやっていることが伝わった。。。。と嬉しく思っていましたら、

打ち合わせの最後になってその方が、お守りブレスレット作ってもらおうかな・・・って言い出しはったんです。

ご要望をお聞きして、作成させていただきましたが、

なんとそのお代金が、ちょうどリミットブレイク(R)2件分だったんです。

うちのお守りブレスレットは、価格はご本人の希望でつくりますので、

私が価格をいうわけではないんです。

また、その方は、リミットブレイク(R)1件の価格をご存知ではありませんでした。

でも、ほんとうにちょうどリミットブレイク(R)2件分の価格をご希望されたんですね。

そんなつもりもなく、気がついたら仕事になっていた・・・ということはよくありますが、

まさにエネルギーの法則が、一寸の狂いもなく適応されるものだと思うわけです。

もらおうと思わず、無心で与えたことによって、それが返ってきた良い例かなと思います。

話はそれましたが、

徳もたくさん貯金できて、豊かになりたいって思うとしたら、

誰かに「与える」ことをいっぱいいっぱいやってみてください。

すると「徳」がいっぱい貯金されますから、

あちらこちらから、良い話や良いご縁、良いお誘いが引く手あまたになりますよ。

また、そこから良いお話が来て、お金が増えることもあるかもしれません。

私たちが知らないだけで、お金を増やす方法は、世の中にいくらでもあるんだと思いますよ。

ただ、そういうとっておきの方法は、富裕層や一定の人たちの間だけで情報交換されているんですね。

与え続けることをやっていけば、そんなとっておきのお話ともご縁があるかもしれません。

とにかく開運の意味でも、欲しい欲しいの奪う行動は、あまりおすすめしません。

運を落としますし、徳を失いなかなか豊かになれません。

一度実験でもいいから、一週間だけでも見返りを求めず、

与えるばっかりやってみられてください。

きっとおもしろい現象が起きますよ(^-^)

受けた人に大好評!春夏秋冬特別鑑定はこちら→★★★


開運について



めぇめだよ。

幸粋せんせい、うぶすなさまってどんな神様?




めぇめ、質問ありがとう。

うぶすな様は、産土様と書いてね。

自分が生まれた時に、母親が住んでいた場所周辺の神社なんですよ。

生まれてから一生自分を守ってくださる神様です。

遠くの神社より産土様といわれているほど、

自分の運気や人生に大きな影響を与えてくださる神様なので、

まず、産土様にお参りされることが、

人生をバックアップしてくださることになるんですよ。

生まれた近くの神社といっても、

神様の世界のことなので、人間界での距離で決まるのではなく、

見えない世界の決まりで決まっているようなので、

リサーチが必要なんです。

産土リサーチをしたあと、産土神社に参られた方からは、

なぜかなつかしい感情が湧いてきた、とか、

包まれているような気持ちになった、などの

感想をいただくことがお多いですよ。

生まれてからずっと守ってくださってるわけだから、

お参りされると、神様も大変喜んでくださるんでしょうね。

改めて、産土さまに参られることは、新たな開運にもつながりますよ。


産土リサーチ
http://www.rikopin.com/contents_209.html


開運について


このページに直で来てくださった方は、

おそらく幸粋の読者さんなので、

いきなり本題に入りますね。

運が悪い人といたら運が悪いのがうつる、

運が良い人と一緒にいたら、運が良いのがうつる。

という話です。

運が悪い人の特徴を書いていきます。

運が悪い人、悪くなる人は、一緒にいて疲れます。

疲れる原因は、愚痴が多いとか、ため息が多いとか、

自分に正直に生きていないとか、いろいろな理由ですが、

判定方法として「疲れる」んです。

だから、わかりやすい判断として

一緒にいて「疲れるな」と思う人とは、距離をあけたほうが良いと思います。

もしかしたらそれは、単純に「合わない」から疲れているかもしれませんが、

その理由であったとしても、合わない人に合わせて消耗する自分は、

あきらかに気持ちが下がって運が下がるので、

どっちにしても、疲れる相手は距離をあけるほうが得策です。

嫌う必要もないし、避ける必要もないですが、

ふわ〜っとなんとなーく距離をあけていけばいいと思います。

ずっと友人だったのに、距離をあけるなんて申し訳ない、なんて思わなくて良いですよ。

友人は選べるんですし、選ばないといけないです。

あと、運が悪くなる人は、

お話してる最中の態度がおかしいです。

目がキョロキョロしていたり、貧乏ゆすりがひどかったり、

なにか気もそぞろ、落ち着かない状態の人です。

これも疲れます。

このパターンの人は、自分の中に焦りとか、何かに追われている人です。

その人を追っているものは、お金だったり、人だったり、時間だと思います。

追われていて、目の前の人と話すどころの話じゃない状態なので、

ちゃんと相手と向き合えないでいるんです。

助けてあげられる範囲ならば、やれることをやってあげればいいですが、

無理して一緒にいたら、あまり良い結果にはなりません。

人を助けるときのコツは、自分に余力があるかどうかです。

余力の範囲で助けないと、自分も溺れてしまうので危険です。

自分が溺れてまでも人を助けられる人は、

もしかしたら素晴らしいのかもしれませんが、

そこまでやって、本当に自分が幸せなのか疑問が残ります。

神様もあなたの両親も、あなたのことを本当に思ってくれる友人も、

あなたが幸せになることを願っていますし、

他人を助けて自分が溺れるなんて、悲しすぎるのではないでしょうか?

あなたは自分と自分の身近な人が、喜ぶ生き方をするべきだと思います。

あと、部屋が散らかりすぎている人は運が悪いです。

部屋の中というのは、自分の頭と心と連動しています。

心が整理できていない、頭が整理出来ていない人は、

自分の部屋も整理できません。

心が荒れているとき、よーく自分の部屋を観察してみてください。

必ず部屋も荒れています。

心理状態と頭の状態と部屋の状態はイコールです。

だから、部屋が乱雑に散らかりすぎている人は、

自分の心がとっちらかっているので、

やっぱり自分のことで精一杯なんです。

人とまともに向き合える状態にないんです。

日々、とっちらかった状態でいろんなものに追われている。

やっぱり追われているんですね。

追われている時に、他人(つまり友人であるあなた)のことなんて、

とても考えられない。他人の幸福まで考える余裕がないんです。

だから一緒にいても、自分勝手だったり、嫌な行動を無意識にしたりされてしまうんです。

で、一緒にいても楽しくないし、いいこともないなーって結果になります。

これは逆を取ると、とっちらかった部屋を片付けると、

心が定まってきますから、運が改善できます。

だから、運を良くするために掃除をすればいいということを

いろんなジャンルがいうわけです。

あれは正解です。

掃除して運がよくなるのは絶対です。

だいたいツイていないときは、部屋が散らかっているものです。

さぁ!ちゃちゃっと掃除しましょう。

そう、つぶれる店のポイントも同じ。

店が汚い。

これはだれが見てもわかりやすいポイントだと思います。

店が汚いと、まず女性がよりつきません。

女性がよりつかないと、お店は繁盛しません。

女性が好む雰囲気のお店は、だいたい繁盛します。

女性は、体にお宮(子宮)をもっているので、

男性に比べて神様に近いんです。

だから男性の嘘を理屈抜きに見抜きますね。

神様に近いから、そういうワザができるんです。

その神様に近い感性で、「なんかこの店イヤ・・・」って思うから、

その「なんかイヤ」が神様に近いんです。

これは男性にはなかなかわからないかもしれません。

神様も同じ、汚いところには近寄れません。

神社は通常、掃き清められて清浄ですよね。

ああでないと神様が降りてこられないからです。

奥さんのことを「かみさん」といいますね。

「神さん」と無意識に言ってるんです。

女性を大事にする男性は、お金も運もよってきます。

女性は神さんで、神様に近い感覚を持つからです。

女性を大事にしない男性も運が悪くなります。

女性は男性より「匂い」に敏感です。

運の良い匂い、悪い匂いも、男性より早くわかります。

最近の私の中にあるテーマ

「運の匂い

匂いを嗅ぎ分けていく方法、また思いついたら書きますね。