1. 神社参拝の手順
 

神社参拝の手順

 

【神社参拝の手順について】

まず神社の敷地内に入るときに、鳥居を通ります。

この時に軽く鳥居にお辞儀します。

 

その後、てみずや(手を洗うための水があるところ)に行き、手を清めます。

  1. ひしゃくに水を汲んで右手で持ち、左手を清めます。
  2. 今度は左手で持ち、右手を清めます。
  3. 再度右手にひしゃくを持ちかえて、ひしゃくの中にある水を左手のひらに移し口を清めます。
    (水は飲まない。うがいもしない)
  4. (左手に口が付いたので)左手をもう一度清めます。
  5. ひしゃくの持ち手を清めます。
    (ひしゃくをまっすぐに立てて水をひしゃくの持ち手にかけます。)

※これらの作法は、手を洗うという概念ではなく、「清める」ということになります。

(ですから、ここでうがいをしたり、ひしゃくに口を直接つけてゴクゴク水を飲むのは違いますよ。)

 

手を清めたら静かに歩いて(ベラベラ無駄なおしゃべりはなるべくしないほうが良いです。)

神殿の前まで行きます。

 

神様に一礼してから、お賽銭をそっと入れます。(遠くからポーンと投げないこと。)

 

その後、鈴があれば鳴らします。

 

2礼、2拍手、1礼をしてから、神様へご挨拶と祈りをおこないます。

 

その他、祈りが届きやすくなる方法など、詳細はブログに記載していますので、

参考にされてみてください。