072-283-5200(非通知不可)

090-8936-6006(非通知不可)

※完全予約制(事前にご予約を頂いております)

  1. 怒り、あると思うんだけど。
 

怒り、あると思うんだけど。

2014/05/30

というのも、私はリミットブレイク(R)の資格を持っているので、

自分のマイナス感情は自分でリミットブレイク(R)します。

私自身が、自分でやる際に、これまで一番多く解除した感情が、実は「怒り」なんです。

一番最初にとみ太郎さん に解除してもらった感情も、「怒り」でした。

そんでもって、いまだにしょっちゅう解除しているのは「怒り」です。

それは幸粋が人並みはずれて、怒りんぼうだからでしょうか?

若干そういうケはありますが、ちょっと違うかなって思ってます。

私は、自分の感情にかなり正直に生きているので、

怒ってることを押し殺さないところがあって、

怒ってることを、怒ってるとして出す性質があります。

怒ってるんだから、怒ってて何が悪い?と思ってるところがあります。

で、心のまま怒ると、周囲の人が「あ、それやばいんじゃ・・・?」といった顔をよくしています。

「なにあの態度、めっちゃ腹立つわ!」とか、「ああいうの嫌や」とか、

率直に口に出すため、ちょっっとそれは口に出したらやばいよ(^^:と、

まわりの人は、そういう顔をするんです。昔からそうでした。

私の中でとくに、理不尽なことに対する怒りは、

もし(私を怒らせた)本人が目の前にいても、しっかり抗議できる自信があるから、

余計に押さえるつもりがなく、発散しているわけですが、

それはほとんどの人から見ると、ヒヤヒヤする行動に見えるようです。

つまり何が言いたいかというと、ほとんどの人は「怒り」という感情を、

「出してはいけないもの」として、扱っているということです。

だから「怒り」を選択しない、選択することを無意識に避けるんですね。

で、今あるのは「不安」とか「恐怖」です、とおっしゃっているわけですが、

不安と恐怖のツボをリミットブレイク(R)しても、なかなか解除ができないことがあるんです。

で、あれ?これって、もしかしてご本人も気づいていないだけで、怒りじゃないの?

と直感的に思って、怒りの場所をリミットブレイク(R)すると、すーっと解除できることも多いんです。

(感情の種類によって、リミットブレイク(R)をほどこす場所が違う)

つまり、本人は「不安」だと感じていた感情の、本当の本音は「怒り」だった、というわけです。

本人もそれが怒りからくるものだと、押さえこんでしまって気づいてない。

それくらい、怒りを出してはいけない、抑圧の中、人間って生きているんですね。

でも、本当はみんな、もっと怒ってるはずなんですよ。

私なんて、怒りは今でも日ごろから、しょっちゅう解除してますもん。

世の中理不尽だったり、腹の立つことって結構多いです。

こないだも圧力で人をコントロールする人がいて、

最初はすごい苦手やわ・・・って思ったんです。

でもよーくよーく考えると、その感情は実は苦手なんじゃなく、

その人にむかついてる自分に気がついて。

そこそこ力のある人で、でも、実は自分に自信がない人って、

圧力でもって、人をひれ伏すように仕向けませんか?

(心理的)圧力で人をコントロールさせる人って、実は「恐れ」を抱いていると思うんです。

相手が、自分にひれ伏さなかったら怖いんです。だから圧力をかけてくる。

でも、圧力で怖がらせてるけど、あなた、本当は怖がりなんでしょ?と思うわけです。

なので、その圧力を怖いと思いませんが、ただ、不安には思うわけです。

その人ににらまれたら、不都合が多々起こるからです。
(力があるので、仲間はずれにしたりとか、無視したりとか?)

でも、実は心の底では怒ってる自分の感情を、

不安という感情に無意識に刷りかえている自分がいました。

底の底のところでは「怒り」があって、その上澄みに「不安」があった。

それが本当の感情だな、って気がついて。

自分の感情に素直になって、これくらい深く掘っていかないと見えてこないですね。

だから、みんな「怒りはありません」って答えるんだと思います。

でも、たぶん、本当はみんな、自分が思う以上に、

何かに(誰かに)怒ってるんだと思いますよ。

でもね、感情をね、押し殺す癖がつきすぎたら、

自分が本当はどう感じてるのか?

どうしたいのか?わからなくなってくると思うんです。

自分の心の声を無視していき続けるとね、直感が鈍ってくるんですよ。

本当は嫌なのに、嫌って思う自分の心を押し殺したり、

本当は怒ってるのに、怒ってはいけないと思って押し殺すうちに、

自分の本音、本当の魂の声がわからなくなって、選択ミスをしてしまうんです。

直感ってね、心の声を大事にすればするほど、研ぎ澄まされていくので、

自分の本当の感情をみんな、もっと大切にしたらいいと思います。

その感情を出すか出さないかは別として、

自分は今「怒ってるんだ」「悲しんでいるんだ」「嫌なんだ」と、

マイナス感情がある、ということを自分でわかってあげること。

それをしていくと、選択ミスが格段に減ります。

本当に必要なことや、本当の自分にとっての幸せって、

心の声、魂の声はわかっているから。

それを聞くには、マイナス感情も含め、自分に正直にいたほうがいいんです。

ありの〜ままの〜♪じぶんになる〜の〜〜!ですよ!


予約フォームはこちら→★★★

宝石赤お得な情報をお知らせしているメルマガ登録はこちら→★★★